FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 克服

歯ぎしりは、そのまま放置しておくと、二次障害として多種多様な症状が現れるケースの場合も有る。
歯ぎしりは、歯やあごに途方もなく大きな痛手をあたえる。
実は、途方もなく危険な歯ぎしりの事を、ガッツリと気付いておく必要があるのである。
歯ぎしりは、それをしている本人は、全然気が付いていない。
それは、なぜだろうか?
それは、就寝している間は、感覚器の伝達経路が断ち切られるためである。
音が脳へ伝達される時、覚醒の状態では、筋肉から脊髄をとおる。
しかしながら、睡眠中は、この回路が働かなくなる。

朝食とは、午前中に活動するためのエネルギー源な為、午前中に集中力を上げて、有意義に過ごす為には欠かせないものである。
また、噛む事は脳に刺激を与え、一日の活動開始を体全体に伝達する。
更に、朝食をとると体温をアップさせ、心も体も目覚める。
その為、朝食は絶対に口にするようにこころがけよう。

メラトニンは、自然に人間の体の中でつくられるホルモンである。
夜眠り朝目覚めると云う、ただしい生活サイクルをキープしているのなら、サプリメント等を取る必要はないのである。
ただ、メラトニンの分泌は年齢と同時に消耗する。
また、不規則な生活をしていると、メラトニンがただしく分泌されないケースの場合が有る。
まだ暗いうちに目が覚めてしまう方は、メラトニンが不足しているかも知れない。
それをフォローする為に、夕方以降にサプリメントを取ると、スムーズに寝つく事ができ、朝早く目覚める事もなくなってくるだろう。

こういった具合に、子供のいびきには途方もなく大きな危険性が潜んでいる。大人と同じ様に、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になり、最悪のケースの場合、突如死に至る事も有る。
昼間によく居眠りをする子供は、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性が有る。
子供さんのいびきや無呼吸に気付いたら、すぐに対策をとる必要がある為、まず初めは耳鼻科に検診するようにして欲しい。



スポンサーサイト
06 : 12 : 39 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次ページ

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。