FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 克服

歯ぎしりは、そのまま放置しておくと、二次障害として多種多様な症状が現れるケースの場合も有る。
歯ぎしりは、歯やあごに途方もなく大きな痛手をあたえる。
実は、途方もなく危険な歯ぎしりの事を、ガッツリと気付いておく必要があるのである。
歯ぎしりは、それをしている本人は、全然気が付いていない。
それは、なぜだろうか?
それは、就寝している間は、感覚器の伝達経路が断ち切られるためである。
音が脳へ伝達される時、覚醒の状態では、筋肉から脊髄をとおる。
しかしながら、睡眠中は、この回路が働かなくなる。

朝食とは、午前中に活動するためのエネルギー源な為、午前中に集中力を上げて、有意義に過ごす為には欠かせないものである。
また、噛む事は脳に刺激を与え、一日の活動開始を体全体に伝達する。
更に、朝食をとると体温をアップさせ、心も体も目覚める。
その為、朝食は絶対に口にするようにこころがけよう。

メラトニンは、自然に人間の体の中でつくられるホルモンである。
夜眠り朝目覚めると云う、ただしい生活サイクルをキープしているのなら、サプリメント等を取る必要はないのである。
ただ、メラトニンの分泌は年齢と同時に消耗する。
また、不規則な生活をしていると、メラトニンがただしく分泌されないケースの場合が有る。
まだ暗いうちに目が覚めてしまう方は、メラトニンが不足しているかも知れない。
それをフォローする為に、夕方以降にサプリメントを取ると、スムーズに寝つく事ができ、朝早く目覚める事もなくなってくるだろう。

こういった具合に、子供のいびきには途方もなく大きな危険性が潜んでいる。大人と同じ様に、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になり、最悪のケースの場合、突如死に至る事も有る。
昼間によく居眠りをする子供は、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性が有る。
子供さんのいびきや無呼吸に気付いたら、すぐに対策をとる必要がある為、まず初めは耳鼻科に検診するようにして欲しい。



スポンサーサイト
06 : 12 : 39 | 日記 | page top↑

睡眠障害 心療内科

適量のアルコールは健康を増進すると云われている。
しかしながら、就寝する前に呑み込む「寝酒」をつづけると、心地よく眠る事ができなくなる事があるので注意が必要である。

まず第1に考慮されるのは、いびきの原因が鼻炎にある事である。
また、日常的に口で呼吸をしている子、鼻がよく詰まる子、歯並びが悪い子、栄養の釣り合いが偏ってる子が、よくいびきをかくるのだ。
子供は大人に比べ、本来上気道が細く出きている為、大人よりもいびきをかきやすく為ってる。

まず現地では、夜に寝付けなくなる。
酷い(ひどい)時は、朝まで一睡も出きないケースの場合も有る。
眠れたとしても、サイクルは乱れている為、朝までグッスリと熟睡出きない。昼間も集中力がなく、効率が悪くなる。
体の不調に苦しめられる事も有る。

睡眠中の症状は、自身では殆ど気付かない事が少なくない為、家族や周りの人達に協力してもらって、就寝している時の様子を確認してもらって欲しい。
そして、問題のあるケースの場合は、その症状を確実にドクターに伝達する事が肝心であるためである。



06 : 17 : 39 | 日記 | page top↑

睡眠障害 沼津

睡眠障害のケースの場合、就寝している間に多種多様な症状が現れる。

レム睡眠行動障害(RBD)は、殊更に大人が問題に成る症状である。
睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠に分類される。
レム睡眠はおもったよりに浅い睡眠の状態で、全体の10から20%と割合的にはおおくはないのであるが、夢の大半がこのレム睡眠の間に観る。
レム睡眠の間は普通、体の力が抜けた状態である。

しかしながら、この病気では、何らかの原因に拠って、体の力が緩む事がないのだ。
夢でけんかをしたり、何かに追い掛けられたり、たびたび暴力的な夢を観る事から開始する。
そして、数カ月から1年経つと、少しずつ睡眠中に大声を出したり、暴力まで振るうように成る。
夢での行動を、現実に同じように実践してしまうのである。

では、長時間睡眠に成る原因は何だろうか。
残念ながら、医学的根拠はまだ把握できていない。
短時間睡眠に成るのは、遺伝が関係している事は把握できているが、長時間睡眠では、まだ確認されていないのである。

こういった具合に、子供のいびきには途方もなく大きな危険性が潜んでいる。大人と同じ様に、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になり、最悪のケースの場合、突如死に至る事も有る。
昼間によく居眠りをする子供は、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性が有る。
子供さんのいびきや無呼吸に気付いたら、すぐに対策をとる必要がある為、まず初めは耳鼻科に検診するようにして欲しい。



06 : 23 : 55 | 日記 | page top↑

睡眠障害 つくば

睡眠障害で苦しんでいる人の中には、少しずつ眠る時間が、毎日ずれて遅れていき、昼夜が逆転してしまう人もいる。
この睡眠障害を、睡眠相後退症候群と云う。

このような経験をした人は少なくないとおもう。
例を挙げると、前日に夜更かしした事で、朝寝坊をしてしまい、その日の夜も早く寝付けず、そのまま夜型の生活に成るような事である。

睡眠麻痺とは、入眠する時に幻覚と金縛りが生じる状態である。
覚醒から睡眠への移行期に、突如体に力が入らなくなり、声も出せなくて、体がどうしても動作しないと云った、いわゆる「金縛り」の状態である。
これも、発病する初期の段階によく生じる事である。
時には、呼吸困難に近い感覚がする事も有る。
相当のケースの場合、幻覚を観たり恐い夢を観る。

夜間は生活音が少なくなり、小さい物音でも入眠出きない原因となる。
外の騒音が気に成るケースの場合は、サッシを二重にしたり、雨戸を閉めたり、カーテンを厚手のものに替えて、防音対策を心掛けて欲しい。
家族で協力して心地よい空間をつくる事が必要であるためである。

自身の家で出きる対策としては、症状が現れる時間が、毎晩おおよそ決定しているのなら、その15から30分前になったら、強制的に起こさせる事を5日から30日くらいつづけてみて欲しい。
確実じゃないのであるが、それで、治る事も有る。
また、症状を悪化させない為に、ストレスという心理的負荷や疲労をためないようにすべきだろう。
一部の薬に拠って、症状を悪化させる事もある為、薬を服用する時は、ドクターや薬剤師と対話すべきだろう。



06 : 18 : 49 | 日記 | page top↑

睡眠障害 寝落ち

睡眠障害(不眠症)には、一過性の不眠と慢性的な不眠が有る。
一過性の不眠とは、一時的な為、数日から数週間レベルつづくだけで、長引く事のない不眠の事である。
一過性の不眠の原因は多種多様である。

例を挙げると、騒音や温度・湿度の不快感等の環境的な原因によるもの。
時差ぼけ等のように睡眠時間が変化した事によるもの。
家族の不幸等、心理的に大きなストレスという心理的負荷かかった事によるもの。
入学試験や大事な会議等、緊張感によるもの。
一過性の病気が原因のもの。

まず初めは、心地よい香りが眠りを誘う、アロマテラピーである。
ポプリは、器等に入れて枕元に置こう。
ちっぽけな袋にポプリを入れて、枕カバーの中等に入れておくのも良いのである。
お香やアロマキャンドルは、好みのお香をアロマポットに入れて、自身だけの息抜き出きる空間をエンジョイして欲しい。
お風呂でも、好きな香りの石鹸や、入浴剤を使用する事で息抜き出きるとおもう。
足湯をする事も息抜き出きる。

たまに起き上がるレベルの軽い症状なら懸念いらない。
しかしながら、家族や周囲の人に危害をあたえるような行動がみられたら、専門科のドクターと対話して治療する必要が有る。

過眠症に成る原因は、なりやすい遺伝的な体質と、環境因子(ストレスという心理的負荷等)が重なる事で生じるようである。
しかしながら、殆どが確実な原因が把握できない。
また、手術や頭部に外傷を受けたり、睡眠不足が長くつづいたとき等の、体的に大きなストレスという心理的負荷がかかった直後に発症する事が有る。

過眠症の対処法としては、夜によく睡眠をとる事が大事である。
それでも昼間につよい眠気がくる時は、かかりつけの内科や神経内科精神科、睡眠外来で診察を受けて欲しい。



06 : 14 : 49 | 日記 | page top↑

睡眠障害 精神科

「メラトニン」と云うホルモンは、眠りを誘う効果がある事で認識されている。メラトニンには、体温と脈拍、血圧を低下させる機能をする。
このおかげで、覚醒と睡眠のサイクルを上手くアレンジし、自然に眠くなるのである。
メラトニンは、時差ぼけを防止する効果も在り、時差ぼけ予防の薬に為ってる。

睡眠障害の1つ、過眠症( ナルコレプシー)と云う病気のメインの症状は、昼間でも突如とつよい眠気がきて、眠り込んでしまうと云う睡眠発作等である。
重要な商談や試験の最中にもかかわらず、眠気がくる事が多かったら注意しなければいけない。

人間には体内時計が在り、夜になれば眠くなり、朝には目覚めると云う活動サイクルをもってる。
朝、目覚めた時に目の中に太陽の光を入れる事で、脳の体内時計が感知するのである。
この時点から、ホルモンの分泌により、一定時間がたつと眠気がくるように為ってる。
だから、夜良い寝付きが出きる為には、朝、たっぷりと太陽の光を浴びる事が肝心であるためである。
また、昼間には、活動をガッツリとして、体をあるレベルたびたび疲れさす事も、良い睡眠に効果的である。

こういった具合に、子供のいびきには途方もなく大きな危険性が潜んでいる。大人と同じ様に、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になり、最悪のケースの場合、突如死に至る事も有る。
昼間によく居眠りをする子供は、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性が有る。
子供さんのいびきや無呼吸に気付いたら、すぐに対策をとる必要がある為、まず初めは耳鼻科に検診するようにして欲しい。



06 : 08 : 51 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。