FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 検査入院

睡眠障害(不眠症)には、一過性の不眠と慢性的な不眠が有る。
一過性の不眠とは、一時的な為、数日から数週間レベルつづくだけで、長引く事のない不眠の事である。
一過性の不眠の原因は多種多様である。

例を挙げると、騒音や温度・湿度の不快感等の環境的な原因によるもの。
時差ぼけ等のように睡眠時間が変化した事によるもの。
家族の不幸等、心理的に大きなストレスという心理的負荷かかった事によるもの。
入学試験や大事な会議等、緊張感によるもの。
一過性の病気が原因のもの。

また、うつ病の患者が増大する季節は、秋から冬の間と云われている。
原因は把握できる事が出きないが、体の具合がそれとなく良くない「仮面うつ病」を包括すると、途方もなく相当の人が苦しんでいる病気であるためである。

うつ病のメインの症状は、全身がだるくなり、疲労感があり何もやる気が出なかったり、苛立ったり、めまいや頭痛、動悸がする等、多種多様であるが、共通する症状では睡眠障害が生じる。

人は睡眠中でも体力を消耗しているし、大脳は睡眠中でも活動をつづけている。この大脳は、相当のエネルギーを必要としている。
また、朝おきた状態は、10から12時間もの間何も口にしておらず、体全体が極端なエネルギー不足に為ってる。
このような、空っぽの状態で、朝食抜きで一日の活動をはじめてしまったら、一日を充実して過ごせるわけがないのだ。
一日のうちで、朝食が1番大事な食事であるためである。

健康的で睡眠が充分な人は、夜寝床にかんしてから、寝入るまでに10分から15分くらいかかる。
それくらいかかるのがただしいのである。
予備軍の人は、5分もかからないうちに、眠ってしまうだろう。
それは、睡眠不足がつづいている事を意味しているのである。



スポンサーサイト
18 : 11 : 21 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。