FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 足立区

睡眠薬を服用する際には、何種類かの注意が必要である。

糖尿病や高血圧等の基礎疾患のある人は、相当のケースの場合が、複数の薬を服用している為、睡眠薬を服用する際は殊更に注意が必要である。
これらの病気で処方される薬の中には、睡眠薬と一緒に服用すると、睡眠薬の分解を遅らせる等して、つよく機能がでてしまう事が有る。
他に薬を服用しているケースの場合は、ドクターや薬剤師と対話して欲しい。

猫や犬等の動物は、毎日途方もなくよく眠る習慣が有る。
食事をした後は殊更に、横たわって眠ってる事が少なくないのである。
これと同じように、人間の遺伝子も、昼寝をするように為ってるのである。
昼寝をするなら、15から20分が最もよい長さである。
30分以上だと、熟睡に入ってしまい、スッキリとおきる事ができなくなる。
そうなると、無理におこされた事で、途方もなく不愉快な気持ちになり、寝不足のような感覚に成る。

いびきには、懸念のないいびきと、危険ないびきが有る。
軽いいびきなら、他の人に迷惑をあたえてしまうかも知れないが、健康上では殊更に懸念しなくてもよいのである。

その為、近頃では、光療法が日照リズムを改善させるのに効果があると、注目されている。
光療法とは、活発に活動する時間帯に、1時間ほどつよい光線を浴びる事で、セロトニンの分泌量を増やし、体内時間をただしいものに回復させようと云うものである。

光療法を受けた人のおおくが、気持ちが晴れ晴れとして元気になり、そのうちにうつ病も次第によくなるそうである。
また、軽いうつ病の時期には、朝と夕方の日光浴だけでも、途方もなく効果があるようである。



スポンサーサイト
18 : 50 : 12 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。