FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 チェック

睡眠中は、舌の筋肉や喉の奥の筋肉が緩む事で、気道が狭くなる。
そして、口内の軟部組織が振動する事で生じる音が「いびき」であるためである。
年齢が上がるほど、いびきをする人はおおくなり、一晩の間に1回はいびきをかく人は、60代では男性が60%、女性が45%だそうである。
また、お酒を飲みすぎたときや、途方もなく体が疲労を実感している時、扁桃腺炎や鼻炎等の病気のときも、いびきをかきやすいのである。

こういった具合に、殆どが懸念する必要はないのだが、てんかん等の他の病気に拠って、その症状が現れているケースの場合も有る。
また、自身の家以外で寝泊りするケースの場合には、事故を起こさないように注意が必要である。症状が酷い(ひどい)ケースの場合には、ドクターと対話して欲しい。

こうした不眠症予備軍の人は、すっかり睡眠のサイクルが乱れている為、不眠の症状がすぐにでてきてもおかしくない状態である。
自身では、不眠症に成る要素がある事を、よく認識出きないかも知れない。
しかしながら、不眠症予備軍である事に、ほぼ間ちがいないのだ。
どのような時であってもどこでも寝られる事は、特技なんかじゃないのである。
本格的な不眠症に成る前に、自身の生活を改善して、睡眠を増大させる等規則ただしい生活を送ろう。
そして、理想的な睡眠のサイクルを身につける事が、途方もなく肝心であるためである。

RBDは、認知症の夜間せん妄とあやまって診察されて、間ちがった治療法を受け悪化するケースの場合もあるようである。
またRBDは、パーキソン病や認知症の初期段階の症状が現れるケースの場合も有るから、注意が必要である。
RBDの治療としては、抗てんかん薬の一種のクロナゼパムや、レム睡眠を低減させる睡眠薬が効果的とされ使用される。
クロナゼパムは、服用をはじめてから1週間レベルで、約8割の患者が改善され、異常な行動が消耗してゆくのだ。

異常な行動がみられたら、本人と周りの人が苦しむ前に、早い時期にドクターと対話する事が肝心である。



スポンサーサイト
06 : 05 : 39 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。