FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 厚生労働省

早く眠らないと、早く眠らないと・・・・・・、とおもっていても、お風呂にも入らないといけないし、リビングで急がずゆっくりとテレビも観たいし、友達や恋人とも電談じたいし・・・・・・、と考慮しているうちに、夜はどんどん流れていってしまう。
そして、ベッドに入っても、あまり考えすぎると、なかなかどうして寝つけない事も有る。
心地よく眠るには、心も体も息抜きしていないといけない。
そこで、心地よくグッスリ眠る事が出きる方法グッズを少し案内する。

無理やり活発的に出掛けたりすると、事故等に巻き込まれる可能性も在り、流産と云う最悪のケースの場合も有る。
このような事から、妊婦の脳は、出きるだけ体をシフトさせないようにして、休ませようと仕向けるのである。
その為、つよい眠気をあたえていると云われている。

人間は、本来約24時間のリズムで生活している。
しかしながら、このリズムは、多種多様な環境因子で毎日修正されている。
例を挙げると、朝早い時間に日の光に当たれば、そのリズムは短くなる。
反対に、夜遅くに日の光に当たれば、リズムは長くなるのである。
そして、昼前後に光に当たっても、あまりリズムの変化はないのだ。
その為、明るい部屋で夜更かししてテレビを観て、以下の日の朝は寝坊して、光に当たるのが10時頃では、体内の時計は確実に遅れてしまうと云う事である。

その為、近頃では、光療法が日照リズムを改善させるのに効果があると、注目されている。
光療法とは、活発に活動する時間帯に、1時間ほどつよい光線を浴びる事で、セロトニンの分泌量を増やし、体内時間をただしいものに回復させようと云うものである。

光療法を受けた人のおおくが、気持ちが晴れ晴れとして元気になり、そのうちにうつ病も次第によくなるそうである。
また、軽いうつ病の時期には、朝と夕方の日光浴だけでも、途方もなく効果があるようである。



スポンサーサイト
06 : 17 : 22 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。