FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 精神科

「メラトニン」と云うホルモンは、眠りを誘う効果がある事で認識されている。メラトニンには、体温と脈拍、血圧を低下させる機能をする。
このおかげで、覚醒と睡眠のサイクルを上手くアレンジし、自然に眠くなるのである。
メラトニンは、時差ぼけを防止する効果も在り、時差ぼけ予防の薬に為ってる。

睡眠障害の1つ、過眠症( ナルコレプシー)と云う病気のメインの症状は、昼間でも突如とつよい眠気がきて、眠り込んでしまうと云う睡眠発作等である。
重要な商談や試験の最中にもかかわらず、眠気がくる事が多かったら注意しなければいけない。

人間には体内時計が在り、夜になれば眠くなり、朝には目覚めると云う活動サイクルをもってる。
朝、目覚めた時に目の中に太陽の光を入れる事で、脳の体内時計が感知するのである。
この時点から、ホルモンの分泌により、一定時間がたつと眠気がくるように為ってる。
だから、夜良い寝付きが出きる為には、朝、たっぷりと太陽の光を浴びる事が肝心であるためである。
また、昼間には、活動をガッツリとして、体をあるレベルたびたび疲れさす事も、良い睡眠に効果的である。

こういった具合に、子供のいびきには途方もなく大きな危険性が潜んでいる。大人と同じ様に、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になり、最悪のケースの場合、突如死に至る事も有る。
昼間によく居眠りをする子供は、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性が有る。
子供さんのいびきや無呼吸に気付いたら、すぐに対策をとる必要がある為、まず初めは耳鼻科に検診するようにして欲しい。



スポンサーサイト
06 : 08 : 51 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。