FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 沼津

睡眠障害のケースの場合、就寝している間に多種多様な症状が現れる。

レム睡眠行動障害(RBD)は、殊更に大人が問題に成る症状である。
睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠に分類される。
レム睡眠はおもったよりに浅い睡眠の状態で、全体の10から20%と割合的にはおおくはないのであるが、夢の大半がこのレム睡眠の間に観る。
レム睡眠の間は普通、体の力が抜けた状態である。

しかしながら、この病気では、何らかの原因に拠って、体の力が緩む事がないのだ。
夢でけんかをしたり、何かに追い掛けられたり、たびたび暴力的な夢を観る事から開始する。
そして、数カ月から1年経つと、少しずつ睡眠中に大声を出したり、暴力まで振るうように成る。
夢での行動を、現実に同じように実践してしまうのである。

では、長時間睡眠に成る原因は何だろうか。
残念ながら、医学的根拠はまだ把握できていない。
短時間睡眠に成るのは、遺伝が関係している事は把握できているが、長時間睡眠では、まだ確認されていないのである。

こういった具合に、子供のいびきには途方もなく大きな危険性が潜んでいる。大人と同じ様に、いびきが悪化すると、睡眠時無呼吸症候群になり、最悪のケースの場合、突如死に至る事も有る。
昼間によく居眠りをする子供は、夜の無呼吸により、慢性的な睡眠不足の可能性が有る。
子供さんのいびきや無呼吸に気付いたら、すぐに対策をとる必要がある為、まず初めは耳鼻科に検診するようにして欲しい。



スポンサーサイト
06 : 23 : 55 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。