FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 対策

適度な昼寝をする事は、疲労の回復につながり、ストレスという心理的負荷の改善にも大きな効果が有る。
スペイン等昼寝の習慣がある国の人達は、日本人やアメリカ人のように昼寝の習慣をもたない人々と比較すると、おおらかで途方もなくストレスという心理的負荷が少なく、心身共に健康な生活をしている。

これが途方もなく酷い(ひどい)人は、本人では直そうと努力していても、絶対に、毎日少しずつ時間がずれていき、2から3週間に1度は起きれずに、学校や仕事にも足を運べなくなる事があるようである。
ただこの病気は、これが生活習慣の乱れ等から生じる事もおおく、確かな原因が把握出きれば、すぐに解決出きるようである。

睡眠薬は、今から30年以上前は、次第に薬の効き目が落ちたり、薬を留める事ができなくなったりと云った、つよい副作用が結びついていた。
その為、「睡眠薬」と聴くと今でも、怖くて手が出しにくい薬だと、誤解して把握している人が少なくないのだ。

健康ならば、多少夜更かししても、以下の日に早起きすれば、また体内時計を進められ、ただしい24時間にアレンジする事が出きるのである。
24時間のリズムが乱れて、悪循環に為ってるケースの場合は、それをどこかで止めなければいけない。
1番理想的なのが、悪循環をリセットする日を設け、その期間は早寝早起きをする事である。
そして、その期間は1時間レベル太陽の光を浴びるようにする。
リセット出きたら、其の後も、また悪循環にならないように、規則ただしい生活を心がけよう。



スポンサーサイト
16 : 00 : 55 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。