FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 和光市

睡眠中は、舌の筋肉や喉の奥の筋肉が緩む事で、気道が狭くなる。
そして、口内の軟部組織が振動する事で生じる音が「いびき」であるためである。
年齢が上がるほど、いびきをする人はおおくなり、一晩の間に1回はいびきをかく人は、60代では男性が60%、女性が45%だそうである。
また、お酒を飲みすぎたときや、途方もなく体が疲労を実感している時、扁桃腺炎や鼻炎等の病気のときも、いびきをかきやすいのである。

脳がおきている状態のレム睡眠の時に、何らかのきっかけで、目覚めてしまうと、自身では意識があるのに、体がおもうように動かせない事が有る。
この時、筋肉は緩んだ状態な為、脳が体をシフトさせるように指令を出しても、筋肉には伝達されない。
その為、自身の意思で動かそうとしても、全然動作する事が出きないのである。
このようにして、金縛りがおきるのである。
この状態を医学的には、「睡眠麻痺」と云われている。
殆どのケースの場合、完璧に覚醒状態となれば、筋肉にも力が入る為、自身の思い通りシフトさせる事が出きる。

たまに起き上がるレベルの軽い症状なら懸念いらない。
しかしながら、家族や周囲の人に危害をあたえるような行動がみられたら、専門科のドクターと対話して治療する必要が有る。

自身の家で出きる対策としては、症状が現れる時間が、毎晩おおよそ決定しているのなら、その15から30分前になったら、強制的に起こさせる事を5日から30日くらいつづけてみて欲しい。
確実じゃないのであるが、それで、治る事も有る。
また、症状を悪化させない為に、ストレスという心理的負荷や疲労をためないようにすべきだろう。
一部の薬に拠って、症状を悪化させる事もある為、薬を服用する時は、ドクターや薬剤師と対話すべきだろう。



スポンサーサイト
16 : 05 : 43 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。