FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 割合

早く眠らないと、早く眠らないと・・・・・・、とおもっていても、お風呂にも入らないといけないし、リビングで急がずゆっくりとテレビも観たいし、友達や恋人とも電談じたいし・・・・・・、と考慮しているうちに、夜はどんどん流れていってしまう。
そして、ベッドに入っても、あまり考えすぎると、なかなかどうして寝つけない事も有る。
心地よく眠るには、心も体も息抜きしていないといけない。
そこで、心地よくグッスリ眠る事が出きる方法グッズを少し案内する。

また、うつ病の患者が増大する季節は、秋から冬の間と云われている。
原因は把握できる事が出きないが、体の具合がそれとなく良くない「仮面うつ病」を包括すると、途方もなく相当の人が苦しんでいる病気であるためである。

うつ病のメインの症状は、全身がだるくなり、疲労感があり何もやる気が出なかったり、苛立ったり、めまいや頭痛、動悸がする等、多種多様であるが、共通する症状では睡眠障害が生じる。

反対に、体に良いものは、黒っぽい色のものである。
昆布、のり、ワカメ、黒ゴマ等の黒色の食材は、体の具合を上手くアレンジしてくれる。
パンでも食パンのような真っ白なパンよりも、胚芽パンの方が栄養が有る。
お米も白いお米よりも、玄米の方が豊富な栄養素を包含している。

飛行機でタイムゾーン(時間帯)をおおく横断するほど、時差ぼけの症状は酷く(ひどく)なる。
また、太陽の動きとは逆の、東の方向へ飛んだ時に、時差ぼけが酷く(ひどく)なり、回復するのにも時間がかかる。
ついでに、日本からオーストラリア等は、タイムゾーンをまたがない為、時差ぼけにはならない。

子供はおもったより上手く時差に順応出きるようであるが、年齢が上がるにつれて、時差ぼけは酷く(ひどく)なる。
また、日常的に運動している人や、健康で規則ただしい生活を心掛けている人、普段からよく眠れる人は、時差ぼけになりにくいのである。
更に、仕事等で緊張して出掛けるのに比較して、エンジョイして遊びに出掛ける方が、時差ぼけのレベルがおもったより軽くに成るようである。



スポンサーサイト
17 : 05 : 44 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。