FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 倉敷

睡眠障害(不眠症)には、一過性の不眠と慢性的な不眠が有る。
一過性の不眠とは、一時的な為、数日から数週間レベルつづくだけで、長引く事のない不眠の事である。
一過性の不眠の原因は多種多様である。

例を挙げると、騒音や温度・湿度の不快感等の環境的な原因によるもの。
時差ぼけ等のように睡眠時間が変化した事によるもの。
家族の不幸等、心理的に大きなストレスという心理的負荷かかった事によるもの。
入学試験や大事な会議等、緊張感によるもの。
一過性の病気が原因のもの。

不眠の治療には、睡眠薬を使用する方法が有る。
日本では、ドクターの処方箋がないと、睡眠薬を手に入れる事は出きない。
不眠で苦しんでいる人の中には、うつ病等他の病気に拠って、不眠がおきている人もいる。
だから、ドクターの診察を受ける必要があるのである。
不眠の症状や、原因が把握できているのなら、それをドクターに伝達すると、適切な睡眠薬を処方してくれるだろう。

メラトニンは、自然に人間の体の中でつくられるホルモンである。
夜眠り朝目覚めると云う、ただしい生活サイクルをキープしているのなら、サプリメント等を取る必要はないのである。
ただ、メラトニンの分泌は年齢と同時に消耗する。
また、不規則な生活をしていると、メラトニンがただしく分泌されないケースの場合が有る。
まだ暗いうちに目が覚めてしまう方は、メラトニンが不足しているかも知れない。
それをフォローする為に、夕方以降にサプリメントを取ると、スムーズに寝つく事ができ、朝早く目覚める事もなくなってくるだろう。

健康ならば、多少夜更かししても、以下の日に早起きすれば、また体内時計を進められ、ただしい24時間にアレンジする事が出きるのである。
24時間のリズムが乱れて、悪循環に為ってるケースの場合は、それをどこかで止めなければいけない。
1番理想的なのが、悪循環をリセットする日を設け、その期間は早寝早起きをする事である。
そして、その期間は1時間レベル太陽の光を浴びるようにする。
リセット出きたら、其の後も、また悪循環にならないように、規則ただしい生活を心がけよう。



スポンサーサイト
19 : 02 : 51 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。