FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 記憶障害

睡眠障害で苦しんでいるけれど、何科で診てもらえば良いのか把握できる事が出きない、と云う人は少なくないとおもう。
総合病院等大きな病院に足を運ぶケースの場合は、精神科や精神神経科、心療内科等が専門な為、そちらで診てもらうと良いだろう。
近くのかかりつけの病院でも、対話に乗ってもらえるとおもう。
貴方の事をよく気付いているとおもう為、生活面でのアドバイスをしてもらったり、ケースの場合に拠っては睡眠薬を処方してもらえるだろう。それでも、症状がなかなかどうしてよくならないケースの場合は、睡眠障害を専門としている病院を案内してもらうべきだ。
病院で検診する前に、自身の不眠の状態を整理してメモしておくと、診察がスムーズに進めれる。

また、うつ病の患者が増大する季節は、秋から冬の間と云われている。
原因は把握できる事が出きないが、体の具合がそれとなく良くない「仮面うつ病」を包括すると、途方もなく相当の人が苦しんでいる病気であるためである。

うつ病のメインの症状は、全身がだるくなり、疲労感があり何もやる気が出なかったり、苛立ったり、めまいや頭痛、動悸がする等、多種多様であるが、共通する症状では睡眠障害が生じる。

次に、睡眠障害が精神面にあたえる影響である。
睡眠が充分に取れない事で、落ち着きがなくなり、懸念で気持ちが暗くなり、怒りやすく、疲労を感じ無気力に成る等の症状を結びつくケースの場合が有る。
更に、吐き気を催したり片頭痛がおきたり、食欲が低下するケースの場合も有る。

行動的な影響としては、決断力や注意力が低下してしまい、失敗をしやすくなる。
そして、仕事する時間や手間が、必要以上にかかってしまう。
人とあまり接触する事もなくなったり、仕事等でミスをおおくする事も有る。
睡眠障害の影響で、事故を起こす率が高くなり、交通事故を起こしてしまう事もある為、たいへん注意が必要である。

自身の家で出きる対策としては、症状が現れる時間が、毎晩おおよそ決定しているのなら、その15から30分前になったら、強制的に起こさせる事を5日から30日くらいつづけてみて欲しい。
確実じゃないのであるが、それで、治る事も有る。
また、症状を悪化させない為に、ストレスという心理的負荷や疲労をためないようにすべきだろう。
一部の薬に拠って、症状を悪化させる事もある為、薬を服用する時は、ドクターや薬剤師と対話すべきだろう。



スポンサーサイト
18 : 50 : 08 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。