FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 悪夢

早く眠らないと、早く眠らないと・・・・・・、とおもっていても、お風呂にも入らないといけないし、リビングで急がずゆっくりとテレビも観たいし、友達や恋人とも電談じたいし・・・・・・、と考慮しているうちに、夜はどんどん流れていってしまう。
そして、ベッドに入っても、あまり考えすぎると、なかなかどうして寝つけない事も有る。
心地よく眠るには、心も体も息抜きしていないといけない。
そこで、心地よくグッスリ眠る事が出きる方法グッズを少し案内する。

そもそも睡眠とは、どのような任務があるのだろう。
睡眠をとる事で、体だけでなく脳も休みたいと思う。
また、深い睡眠の間には、成長ホルモンが集中的に分泌されるのである。

たまに起き上がるレベルの軽い症状なら懸念いらない。
しかしながら、家族や周囲の人に危害をあたえるような行動がみられたら、専門科のドクターと対話して治療する必要が有る。

RBDは、認知症の夜間せん妄とあやまって診察されて、間ちがった治療法を受け悪化するケースの場合もあるようである。
またRBDは、パーキソン病や認知症の初期段階の症状が現れるケースの場合も有るから、注意が必要である。
RBDの治療としては、抗てんかん薬の一種のクロナゼパムや、レム睡眠を低減させる睡眠薬が効果的とされ使用される。
クロナゼパムは、服用をはじめてから1週間レベルで、約8割の患者が改善され、異常な行動が消耗してゆくのだ。

異常な行動がみられたら、本人と周りの人が苦しむ前に、早い時期にドクターと対話する事が肝心である。



スポンサーサイト
17 : 00 : 50 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。