FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 生まれつき

妊娠すると、昼間でも途方もなくつよい眠気におそわれる事がよく有る。
それには、何種類かの理由が有る。
妊娠は、子孫を残すための、大きな段階を乗り越えたわけだから、もう男性を探しに出掛ける必要もないのだ。
また、妊娠した女性は、胎内で大事な命を育てなければいけないし、女性として最大最高のエネルギーを必要とする出産に備えなければいけない。
その為、母親の体は、無駄な事にエネルギーを使用しないようにするのである。

性格的にも、活発な短時間睡眠者に比べ、長時間睡眠者は、内気で懸念性の人が少なくないようである。
また、おもったよりに女性の方が少なくないようである。
朝スッキリと目が覚める事があまりなく、相当の人が、昼間でも常に眠気があるような状態である。
長時間睡眠は病気じゃないのだが、思いっきり眠らないと元気になれない為、仕事等で充分な睡眠を取れない人にとっては、途方もなく辛い生活をしている。

また、クラッシックのような、心地よい音楽を流して眠るのも1つの方法である。クラッシックでなくても、自身が気に入った曲が1番効果的だろう。
無理に、癒し効果のあると謳われる曲を選択しても、好みの曲でなえれば効果はないのだ。

次は、眠気を誘う飲み物を案内する。
ハーブティーはカフェインが入っておらず、副交感神経の働きを誘って、心も体も息抜きさせる。
ハーブティーは種類が豊富で、風邪の予防にもなるローズヒップティーや、息抜き効果の高いラベンダーはお馴染みである。
これ以外に、カモミールは血行を良くし、鎮静機能もあるのでおすすめである。

妊娠3ヶ月までは、多量にプロゲステロンが分泌される為、昼間から劇的な眠気におそわれる。
そして、妊娠6ヶ月に成ると、次第にプロゲステロンは消耗しだし、妊娠9ヶ月では、プロゲステロンが減少して、その代わりにエストロゲンが増大してくるのである。
それにより、反対に、出産前は眠気を感じなくなり、なかなかどうして眠れなくなったり、熟睡できなくなるのである。



スポンサーサイト
16 : 30 : 36 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。