FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 枕

適度な昼寝をする事は、疲労の回復につながり、ストレスという心理的負荷の改善にも大きな効果が有る。
スペイン等昼寝の習慣がある国の人達は、日本人やアメリカ人のように昼寝の習慣をもたない人々と比較すると、おおらかで途方もなくストレスという心理的負荷が少なく、心身共に健康な生活をしている。

性格的にも、活発な短時間睡眠者に比べ、長時間睡眠者は、内気で懸念性の人が少なくないようである。
また、おもったよりに女性の方が少なくないようである。
朝スッキリと目が覚める事があまりなく、相当の人が、昼間でも常に眠気があるような状態である。
長時間睡眠は病気じゃないのだが、思いっきり眠らないと元気になれない為、仕事等で充分な睡眠を取れない人にとっては、途方もなく辛い生活をしている。

次に、睡眠障害が精神面にあたえる影響である。
睡眠が充分に取れない事で、落ち着きがなくなり、懸念で気持ちが暗くなり、怒りやすく、疲労を感じ無気力に成る等の症状を結びつくケースの場合が有る。
更に、吐き気を催したり片頭痛がおきたり、食欲が低下するケースの場合も有る。

行動的な影響としては、決断力や注意力が低下してしまい、失敗をしやすくなる。
そして、仕事する時間や手間が、必要以上にかかってしまう。
人とあまり接触する事もなくなったり、仕事等でミスをおおくする事も有る。
睡眠障害の影響で、事故を起こす率が高くなり、交通事故を起こしてしまう事もある為、たいへん注意が必要である。

金縛りは、睡眠のサイクルが、規則的でない若者に生じやすいようである。
殊更に、睡眠不足の時やストレスという心理的負荷が累積している時に生じる。
時差ぼけに拠っても、金縛りに成る可能性が高いのである。
金縛りによくなる人や、なったくない人は、規則ただしい睡眠をこころがける事である。
規則的な生活サイクルを身につければ、そのうちに金縛りはなくなるだろう。



スポンサーサイト
16 : 23 : 54 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。