FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 吐き気

睡眠障害で苦しんでいる人の中には、少しずつ眠る時間が、毎日ずれて遅れていき、昼夜が逆転してしまう人もいる。
この睡眠障害を、睡眠相後退症候群と云う。

このような経験をした人は少なくないとおもう。
例を挙げると、前日に夜更かしした事で、朝寝坊をしてしまい、その日の夜も早く寝付けず、そのまま夜型の生活に成るような事である。

こういった具合に、殆どが懸念する必要はないのだが、てんかん等の他の病気に拠って、その症状が現れているケースの場合も有る。
また、自身の家以外で寝泊りするケースの場合には、事故を起こさないように注意が必要である。症状が酷い(ひどい)ケースの場合には、ドクターと対話して欲しい。

副症状としては、情動脱力発作と云う症状がおきる。
例を挙げると、怒ったり笑ったりする時に、力が体中から抜けてしまったり、倒れこんでしまう事が有る。
このような症状がみられるケースの場合や、耐えられないような眠気が2から3ヶ月もの間つづく時には、過眠症の可能性があるだろう。

健康ならば、多少夜更かししても、以下の日に早起きすれば、また体内時計を進められ、ただしい24時間にアレンジする事が出きるのである。
24時間のリズムが乱れて、悪循環に為ってるケースの場合は、それをどこかで止めなければいけない。
1番理想的なのが、悪循環をリセットする日を設け、その期間は早寝早起きをする事である。
そして、その期間は1時間レベル太陽の光を浴びるようにする。
リセット出きたら、其の後も、また悪循環にならないように、規則ただしい生活を心がけよう。



スポンサーサイト
17 : 10 : 29 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。