FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 仕事

睡眠障害(不眠症)には、一過性の不眠と慢性的な不眠が有る。
一過性の不眠とは、一時的な為、数日から数週間レベルつづくだけで、長引く事のない不眠の事である。
一過性の不眠の原因は多種多様である。

例を挙げると、騒音や温度・湿度の不快感等の環境的な原因によるもの。
時差ぼけ等のように睡眠時間が変化した事によるもの。
家族の不幸等、心理的に大きなストレスという心理的負荷かかった事によるもの。
入学試験や大事な会議等、緊張感によるもの。
一過性の病気が原因のもの。

アルコールを呑み込む事で、寝付きがよくなる事は確かであるが、夜中に目が覚めてしまう事が少なくないのである。
アルコールを呑み込むと、眠りの一定のリズムが崩れ、このような現象が生じるようである。
また、寝酒を習慣にしていると、そのうちに多量のアルコールを取らないと眠れなくなる事もありま。
寝付きの悪くアルコールに当てにしてしまう人は、健康の事を考慮すると、睡眠薬を服用する事の方が、健康に良いだろう。
近頃では、機能時間が短い優れた睡眠薬が開発されているようである。
苦しんでいる人は、ドクターと対話してみて欲しい。

相当の調査の結果、睡眠不足の人は交通事故を起こす確率が、よく眠ってる人に比べ2から3倍と為ってる。
また、アメリカでは睡眠障害に拠って引きおこされる、交通事故等の経済的損失は、年間460 億ドルにものぼるようである。
たかが睡眠不足と軽視してはいけない事が、この巨額のデータ結果からも把握出きるとおもう。

過眠症に成る原因は、なりやすい遺伝的な体質と、環境因子(ストレスという心理的負荷等)が重なる事で生じるようである。
しかしながら、殆どが確実な原因が把握できない。
また、手術や頭部に外傷を受けたり、睡眠不足が長くつづいたとき等の、体的に大きなストレスという心理的負荷がかかった直後に発症する事が有る。

過眠症の対処法としては、夜によく睡眠をとる事が大事である。
それでも昼間につよい眠気がくる時は、かかりつけの内科や神経内科精神科、睡眠外来で診察を受けて欲しい。



スポンサーサイト
04 : 59 : 26 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。