FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

睡眠障害 学生

適度な昼寝をする事は、疲労の回復につながり、ストレスという心理的負荷の改善にも大きな効果が有る。
スペイン等昼寝の習慣がある国の人達は、日本人やアメリカ人のように昼寝の習慣をもたない人々と比較すると、おおらかで途方もなくストレスという心理的負荷が少なく、心身共に健康な生活をしている。

では、どうやってメラトニンを増大させるのだろうか。
アミノ酸の一種のトリプトファンは、脳内物質であるセロトニンをつくる原料となる。
トリプトファンは、バナナや牛乳等に含有されている。
そして、セロトニンが分解される事で、メラトニンの分泌を誘う。
メラトニンは、アメリカでは、熟睡するのに効果的なサプリメントとして注目されている。
また、メラトニンは、若返りの効果があるホルモンとしても認識されている。
睡眠をガッツリとる事で、メラトニンが脳の中で分泌され、若々しさをキープする事が出きると云う事である。

まず現地では、夜に寝付けなくなる。
酷い(ひどい)時は、朝まで一睡も出きないケースの場合も有る。
眠れたとしても、サイクルは乱れている為、朝までグッスリと熟睡出きない。昼間も集中力がなく、効率が悪くなる。
体の不調に苦しめられる事も有る。

ガッツリと朝食をとり夕食を少なめにする、と云う食生活が身に付けば、睡眠サイクルも規則ただしくなり、グッスリと眠れるように成るだろう。



スポンサーサイト
18 : 32 : 26 | 日記 | page top↑
| ホーム |

検索フォーム

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (120)

お気に入り

RSSリンクの表示

QRコード

QR



Copyright © アリスの苦痛な日記 All Rights Reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。